【아무】の使い方を分かりやすく解説します。

初級

辞書を引くと「何の」「どんな」など、様々な意味が出てくる【아무】。使い方にも色々なバリエーションがあり、混乱しやすい単語です。ここでは、代表的な使い方をいくつかまとめてご紹介します。

韓国語の基礎を終えた初級者向けの文法です。

スポンサーリンク

아무 ~ 도

「何の〜もない」など、主に否定を表します。

【名詞を使って】

아무 의미 없어요.(何の意味もありません。)

아무 하지 마세요.(何も言わないで下さい。)

【아무것도】何も〜ない

아무것도 몰라요.(何も知りません。)

아무것도 없었어요.(何もありませんでした。)

아무것도 아니에요.(何でもありません。)

【아무도】誰も〜ない

아무도 없습니다.(誰もいません。)

아무도 몰라요?(誰も知りませんか。)

아무도 오지 않았어요.(誰も来ませんでした。)

【아무데도】どこも〜ない

아무데도 아프지 않아요.(どこも痛くないです。)

아무데도 가지 않을게.(どこにも行かないからね。)

아무데도 가고 싶지 않습니다.(どこにも行きたくないです。)

아무 ~ 나

「ありとあらゆる」「見境なく」といったニュアンスが含まれます。

【아무거나】何でも

아무거나 좋아요.(何でも良いです。)

아무거나 먹이지 마세요.(何でもかんでも食べないで下さい。)

아무거나 시켜주세요.(何でも頼んで下さい。)

【아무나】誰でも

아무나 오세요.(誰でも来て下さい。)

아무나 알고 있습니다.(誰でも知っています。)

아무나 할 수 있는 일이 아니에요.(誰でもできることではありません。)

【아무데나(아무데서나)】どこにでも(どこででも)

아무데나 갈 수 있어요.(どこにでも行けます。)

아무데나 버리면 안 돼요.(どこにでも捨てたらいけません。

아이가 아무데나 낙서해요.(子どもがどこにでも落書きします。)

아무데서나 사용 가능합니다.(どこででも使用可能です。)

【아무때나】いつでも

아무때나 잠이 와요.(いつでも眠いです。)

아무때나 연락 주세요.(いつでも連絡下さい。)

아무때나 가도 됩니까?(いつでも行っていいですか。)

【아무리 ~ 아도/어도】いくら〜しても

아무리 찾아도 안 보여요.(いくら探しても見えません。)

아무리 운동해도 쌀이 안 빠집니다.(いくら運動しても痩せません。)

아무리 싫어도 가족이잖아요.(いくら嫌でも家族じゃないですか。)

【아무렇지 않다】何ともない

괜찮아요, 아무렇지 않아요.(大丈夫です、何ともないです。)

크게 싸웠는데, 아무렇지도 않았어요.(大喧嘩したのに、何ともなかったです。)

그 얘기는 아무렇지 안게 넘어갈 수 없어요.(その話は何ともなく流すことができません。)

【아무런】どんな(〜もない)

그 일은 나와 아무런 상관이 없습니다.(その事は私とどんな関係もありません。)

아무런 이상이 없이 건강해요.(どんな異常もなく健康です。)

도착할때까지 아무런 말도 나누지 않았어요.(到着するまでどんな言葉も交しませんでした。)

【아무래도】どうも、どうやら

아무래도 취소해야 할 것 같아요.(どうもキャンセルしなければいけないようです。)

아무래도 검사를 좀 더 해봐야겠군요. (どうやら検査をもう少ししてみないといけないようですね。)

아무래도 아닌 것같아요.(どうも違うようです。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました