韓国語の【言う・聞く】を使って間接話法を作ろう

初級

今回は韓国語の「間接話法」の作り方を紹介します。

・その人は明日学校へ行くと言いました。

・彼女はご飯をたくさん食べると聞きました。

のように、他人からの話の内容を表す時に使います。

韓国語の基礎を終えた初級者向けの文法です。

スポンサーリンク

韓国語の【間接話法】

動詞+ㄴ/는다고 하다말하다)/듣다

形容詞+다고 하다(말하다)/듣다

名詞+(이)라고 하다

그 사람은 내일 학교에 간다고 했어요.(その人は明日学校へ行くと言いました。)

그녀는 밥을 많이 먹는다고 들었어요.(彼女はご飯をたくさん食べると聞きました。)

학생들은 시험이 어렵다고 말해요.(学生たちは試験が難しいと言います。)

한국은 너무 춥다고 들었어요.(韓国はとても寒いと聞きました。)

이 음식은 한국말로 김밥라고 해요.(この食べ物は韓国語でキンパと言います。)

変則活用に注意

ㄹパッチムに注意しよう!

語幹がㄹパッチムで終わる動詞の場合、ㄹパッチムは脱落し、「ㄴ다고」が付きます

原形韓国語日本語
만들다作ると
알다分かると
살다住むと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
初級文法
nanohanaをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました